Wigilia – クリスマスイブー

キリスト教によれば、クリスマスは一番大事な宗教上の休日の一つです。12月25日に、キリスト教徒はイエスキリストの誕生を祝いますが、いくつかの国でお祝いが12月24日に始まります。今日の記事の話題はポーランドのクリスマスイブー(ポーランド語でWigilia)の習慣です。

多くの国でクリスマスイブーは普通の日ですが、ポーランド人にとって、クリスマスイブーはとても特別な日です。クリスマスイブは「一年で最も家族的な日だ」と呼ばれます。なぜならポーランド人は家族と一緒に特別な夕食を食べたり、クリスマスキャロルを歌ったり、プレゼントを交換したりしますから。

伝統によれば、クリスマスイブの夕食に12料理を作らなければなりませんが、今大部分のポーランド人は8―9料理を作ります。クリスマスイブ料理は地域によりますが、一番一般的に作られる料理は:
ウシュカ入りのバルシチ
キャベツ入りのピエロギ
魚(一番人気は焼きコイ)
キャベツと豆
ドライフルーツから作られたコンポート(コンポートは煮出した果物から作られた飲み物です)
ケーキの中でチーズケーキ(Sernik)とマコヴィエツ(Makowiec)は一番人気があります。
クリスマスイブにポーランド人は肉を食べていません(キリスト教によれば、魚は肉ではありませんから、クリスマスイブに魚が食べられます。)

伝統によれば、最初の星を見た後にクリスマスイブが始まるべきです。でも冬に空が頻繁に曇るので、星が見えない日もあります。天気予報によれば、12月24日に最初の星が午後4時ぐらい出るでしょう。でもクリスマスイブは国民休日ではないし午後4時に夕食を始めるのは早すぎるから、大部分のポーランド人は午後5時と午後7時の間にクリスマスイブの夕食を始めます。
食事が始まる前に、一緒にお祈りして、オプワテクを割ります。家族のそれぞれと欠片を分け合いながら、健康や仕事の成功などを願います。

夕食が終わった後に、皆はクリスマスツリーの周りに集まって、クリスマスキャロル(コレンディーKolędy)を歌って、プレゼントを交換します。真夜中に教会へ特別なミサに行く人が多いです。

最後にクリスマスイブの迷信 について少しお話したいと思います。クリスマスイブの迷信が多いですが、一番有名な迷信は:
1.全てのクリスマス料理を食べてみなければなりません。食べてみなかったら、来年はあまり良くないです。
2.喧嘩をするのはダメです。喧嘩をしたら、来年は良くなくなります。
3.テーブルに空いた場所を残します。亡くなった親戚を象徴されます。そして、孤独な放浪者のため残された空いた場所 です。
4.一個ピエロギにコインは入られます。お金を見つけた人は来年お金持ちになります。(実は嘘ですよ。何回もお金を見つけたことがあるのですが、お金持ちになりませんでした。
5.真夜中に動物が話せます。特に子供たちはその迷信を信じます。それも嘘ですよ。子供の頃に私の犬と話したかったですから、真夜中まで待ちましたが犬が何も言いませんでした。

メリークリスマス!

ポーランドのコレンディの例
https://www.youtube.com/watch?v=TmgN1WwzNm4
https://www.youtube.com/watch?v=rdpd6eQ6rjI

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中